男性用長財布特集!

ナチュラルな革風情の男性用長財布


男性財布

本革財布を活用するのであれば、革素材ならではの自然な風合いを楽しみたいと 思う人も少なくないのではないでしょうか。革素材を使用していたとしても、 ペンキで塗りつぶしたような色付け(顔料による色付け)をしてしまっては、 革の表情などは隠れてしまい・・なんのために革財布を選んだのかわからなくなってしまいます。

革素材は、素材の種類が異なれば特徴も大きく異なるもの。さらに、同じ革素材 であっても、ひとつひとつ採取された個体の違いや部位の違いによって、微妙に 革表面の柄・シワ模様などが異なるものなのです。そんなオリジナリティーを 最も活かしているのが、ナチュラル仕上げの革財布なんですね。

革素材の加工には、「なめし加工」と「仕上げ加工(染色)」二つの工程があります。 革素材の自然な風情を活かすためには、この二つの加工工程において、それぞれ 天然素材のみを使用した加工が大切な要素となります。

各種天然オイル(植物系オイル、牛脂、蜜蝋など)を用いた革作りは、革本来の表情を さらに輝かしてくれるとともに、時間経過にともなう色変化(経年変化)といった特徴 も付加してくれる要素となっているのです。

ナチュラルな牛革風情「パティーナ」の長財布


ナチュラル風情の長財布

イタリアを代表するベジタブルタンニンレザーが「パティーナ」です。植物性成分(タンニン)のみで なめし加工されることによって創出される革が、ベジタブルタンニンレザー(ヌメ革)。一般的には 財布の内装に多く活用されている革素材ですか、パティーナは、ナチュラルな染色を施すことに よって創出される革素材(ベジタブルタンニンレザー)。財布の表革に活用することによって、 最大限に牛革本来の革風情を活かした財布を創出しています。

*素材:パティーナ(イタリアベジタブルタンニンレザー)
*色彩:ブラック、ナチュラル、チョコ、ブラウン
*縫製:日本

商品の詳細・購入はこちら(公式SHOPへ)


本物志向の素材感「ミネルバボックス」の長財布「アーバンウォレット」


ナチュラル風情の長財布

イタリアを代表する、オイルレザーのひとつが「ミネルバボックス」です。革表面に柄として 残る”シボ(しわ模様)”が特徴となっています。牛革素材の重厚感と素材感が表現されている 革素材といえるのではないでしょうか。こちらはそんなミネルバボックスを使用した長財布 「アーバンウォレット」。表革と内革の色対比の美しさが魅力となっています。

*素材:ミネルバボックス(イタリアオイルレザー)
*色彩:オールドブラック、ブランデー、ビターチョコ、リモンチェ
*縫製:日本

商品の詳細・購入はこちら(公式SHOPへ)


イタリア最高峰のオイルドヌバック「ナポレオンカーフ」の長財布。「アレクサンダーウォレット」


ナチュラル風情の長財布

牛革素材の革表情をそのまま活かすのではなく、「起毛加工」することによって、また 別の特性・表情を生み出しているのが「ヌバック素材」です。こちらは、イタリア最高峰に 位置づけられている、オイルドヌバック「ナポレオンカーフ」を使用して創作された長財布 「アレクサンダーウォレット」。他の革素材では味わうことのでは無い、オイルヌバック ならではの暖かみと手触り感が魅力となっています。

*素材:ナポレオンカーフ(オイルドヌバック)
*色彩:マットブラック、ブランデー、オリーブ他
*縫製:日本

商品の詳細・購入はこちら(公式SHOPへ)